NIHONDO 薬日本堂株式会社

漢方・漢方薬の薬日本堂 > 病気でお悩みの方へ > 冷え・冷え症

冷え・冷え症|体質改善プログラム|漢方・漢方薬の薬日本堂

冷え・冷え症とは

冷え症とは、手や足・腹部など、身体のどこかに冷えを感じ、不快や苦痛に思っている状態です。室内を温めても身体の部位に冷えを感じたり、寒い気候や環境で他の人よりも強く冷えを自覚します。原因のひとつとしては、睡眠や食生活、生活習慣の乱れによる血行不良が考えられます。また、自律神 経の乱れからくる血管障害により、手足や腰、腹部など、特定の部位が極度に冷えてしまうことです。血行不良になると、体内の血流が悪くなり、特に手足の毛細血管にまで新鮮な血液が運ばれにくくなります。

血液には、新鮮な酸素や栄養分が含まれています。また、体内にたまった疲労物質を体外に排出する働きにも関わっているため、冷え症をそのままにしておくと、頭痛や肩こり、不眠、貧血、肌あれ、婦人科トラブル、また年齢に関係なく更年期のような症状があらわれるなど、様々な不調を引き起こす恐れ があります。

■ 冷えは様々な疾患の原因
冷えは様々な疾患の原因

冷えは万病のもと

自分のタイプを知り、漢方薬だけでなく養生法として、
漢方を積極的に生活に取り入れてみましょう。

あなたの冷え症 タイプ別チェック※当てはまる症状にチェックを入れてください。

上記内容でチェックする

あなたの冷え症タイプは…血不足冷え

血液の量が不足して、血液の巡りが悪くなっているため冷えるタイプです。血液が末端まで流れにくいため、寒いとすぐに手足の先が冷たくなります。

オススメの漢方薬
当帰四逆加呉茱萸生姜湯(トウキシギャクカゴシュユショウキョウトウ)

末端までの血の巡りをよくするため、
手足の冷えやしもやけによい

おすすめの食材
赤色黒色食材

ニンジン、クコ、クランベリー、
なつめ、黒ごま、黒豆、黒米など

※漢方薬は一例です。実際に服用の際は、専門家にご相談ください。

からだを冷やさないために日頃の生活から気をつけましょう
生活養生

血不足冷えタイプの人は、夜は早めに寝て、血の消耗は控えましょう。お灸やツボ押しで、気血の巡りをよくしましょう。

足湯

昔から「頭寒足熱」といいますが、足湯は冷えやのぼせ、婦人科トラブルなど血行不良の改善にぴったり。特に「三陰交」まで湯に浸かることで、全身巡りのよい身体を作ります。

入浴

半身浴で下半身を温めることで、巡りのよい体を作ります。冬は肩にタオルをかけて、お風呂のフタを半分くらい閉めると冷えにくく、より効果的。

ツボ押し、お灸

「腎兪」は腰から下を温め、体全体の調子を整えるツボです。腹巻きなどで温めるのもおすすめです。

もう一度チェックする

あなたの冷え症タイプは…ストレス冷え

ストレスにより自律神経のバランスが乱れ、血行が悪くなり冷えるタイプです。顔は ほてるのに下半身が冷えたり、なかなか温まりにくくなります。

オススメの漢方薬
加味逍遥散(カミショウヨウサン)

気血の巡りを良くするため、
ストレスの多い方や冷えのぼせによい

おすすめの食材
香味野菜やハーブ、柑橘

春菊、ニラ、香菜、みかん、金柑など

※漢方薬は一例です。実際に服用の際は、専門家にご相談ください。

からだを冷やさないために日頃の生活から気をつけましょう
生活養生

アロマやハーブの香りでリラックスを心がけましょう。ストレッチで巡りをよくしましょう

足湯

昔から「頭寒足熱」といいますが、足湯は冷えやのぼせ、婦人科トラブルなど血行不良の改善にぴったり。特に「三陰交」まで湯に浸かることで、全身巡りのよい身体を作ります。

入浴

半身浴で下半身を温めることで、巡りのよい体を作ります。冬は肩にタオルをかけて、お風呂のフタを半分くらい閉めると冷えにくく、より効果的。

ツボ押し、お灸

「腎兪」は腰から下を温め、体全体の調子を整えるツボです。腹巻きなどで温めるのもおすすめです。

もう一度チェックする

あなたの冷え症タイプは…むくみ冷え

不規則な食生活やストレスの影響で、胃腸が疲れ消化吸収の働きが弱くなるため、身体に余計な水分がたまってしまい冷えるタイプです。

オススメの漢方薬
当帰芍薬散(トウキシャクヤクサン)

血の巡りと一緒に水の巡りもよくするため、
むくみやめまいを伴う冷えによい

おすすめの食材
豆類、ウリ類

黒豆、小豆、冬瓜、きゅうりなど
※冷えやすいので薬味を一緒に用いる(生姜・紫蘇など)

※漢方薬は一例です。実際に服用の際は、専門家にご相談ください。

からだを冷やさないために日頃の生活から気をつけましょう
生活養生

冷たい飲食物は避け、胃腸を温める消化のよい食事を心がけましょう。

足湯

昔から「頭寒足熱」といいますが、足湯は冷えやのぼせ、婦人科トラブルなど血行不良の改善にぴったり。特に「三陰交」まで湯に浸かることで、全身巡りのよい身体を作ります。

入浴

半身浴で下半身を温めることで、巡りのよい体を作ります。冬は肩にタオルをかけて、お風呂のフタを半分くらい閉めると冷えにくく、より効果的。

ツボ押し、お灸

「腎兪」は腰から下を温め、体全体の調子を整えるツボです。腹巻きなどで温めるのもおすすめです。

もう一度チェックする

あなたの冷え症タイプは…全身冷え

身体全体の機能が低下し、身体を温める力が不足して冷えるタイプです。新陳代謝が低下して、熱を生み出せないため、夏でも冷えることがあります。

オススメの漢方薬
八味地黄丸(ハチミジオウガン)

エイジングの要である腎を温めるため、
足腰や下半身の冷えやだるさ、頻尿によい

おすすめの食材
温熱の性質をもつ食材

にんにく、生姜、ねぎ、
シナモン、くるみなど

※漢方薬は一例です。実際に服用の際は、専門家にご相談ください。

からだを冷やさないために日頃の生活から気をつけましょう
生活養生

腹巻やレッグウォーマーで特に下半身を温めることを心がけましょう。

足湯

昔から「頭寒足熱」といいますが、足湯は冷えやのぼせ、婦人科トラブルなど血行不良の改善にぴったり。特に「三陰交」まで湯に浸かることで、全身巡りのよい身体を作ります。

入浴

半身浴で下半身を温めることで、巡りのよい体を作ります。冬は肩にタオルをかけて、お風呂のフタを半分くらい閉めると冷えにくく、より効果的。

ツボ押し、お灸

「腎兪」は腰から下を温め、体全体の調子を整えるツボです。腹巻きなどで温めるのもおすすめです。

もう一度チェックする

※注意:タイプによって漢方薬も異なります。詳しくは薬日本堂の漢方相談員へご相談ください。  漢方無料相談

病気・生活習慣病でお悩みの方へ

病気を治すために、自然治癒力を高めることをお勧めします。
日々の良いことの積み重ねが健康を実現します。
是非一度、薬日本堂グループの最寄店舗にお越し下さい。
薬日本堂で考える改善への道を、原因をとらえて実績に基づいてご提案いたします。

その他の症状

病気でお悩みの方へ、ひとりで悩まずご相談をされてみませんか?薬日本堂の漢方相談は病気、症状や悩みを細かく1時間前後お伺いしております。
冷え・冷え症ページ TOPへ