NIHONDO 薬日本堂株式会社

漢方・漢方薬の薬日本堂 > 病気でお悩みの方へ > 疲れ(倦怠感)

疲れ(倦怠感)|体質改善プログラム|漢方・漢方薬の薬日本堂

疲れ(倦怠感)(けんたいかん)

概要/症状

「はげしい運動をしたわけでもないのに、身体がとても疲れている」「何をするにもだるさを感じる」「少し動いただけでも疲れてしまう」。
このような状態が続いていたら、「慢性疲労」と考えられます。慢性疲労は、身体のだるさや体力の低下のほかに、やる気が出ない、眠れない、
朝起きられない、食欲が出ない、めまいがする、といった様々な症状が表れます。

漢方体質改善プログラム

  • ●肝タイプ

    ストレスなどで五臓全体のバランスが崩れ、全身に必要な血液や栄養分が行き渡らなくなり、だるさや疲労感をひきおこします。
    頑張りすぎの方が多いのが特徴。

    併発しやすい症状

    眠れない、頭痛、動悸、精神不安

  • ●心タイプ

    血液の循環が悪くなることで動悸や息切れが起こるタイプ。
    のぼせやほてりを感じやすく、暑さに弱いのも特徴。

    併発しやすい症状

    不眠、のぼせ、貧血、顔色が悪い、食欲不振

  • ●脾タイプ

    胃腸などの消化器系の不調によって、全身に栄養がゆきわたらなくなり疲れが出るタイプです。

    併発しやすい症状

    汗をかきやすい、食欲不振、頭がふらつく、頭が重い、手足が冷えて眠れない

  • ●腎タイプ

    もともと虚弱体質だったり、年齢とともにエネルギーがめぐらず疲れがたまりやすくなったタイプ。

    併発しやすい症状

    足腰がだるい、耳鳴りがする、目がかすむ、頻尿

※注意:タイプによって漢方薬も異なります。詳しくは薬日本堂の漢方相談員へご相談ください。  漢方無料相談

病気・生活習慣病でお悩みの方へ

病気を治すために、自然治癒力を高めることをお勧めします。
日々の良いことの積み重ねが健康を実現します。
是非一度、薬日本堂グループの最寄店舗にお越し下さい。
薬日本堂で考える改善への道を、原因をとらえて実績に基づいてご提案いたします。

その他の症状

病気でお悩みの方へ、ひとりで悩まずご相談をされてみませんか?薬日本堂の漢方相談は病気、症状や悩みを細かく1時間前後お伺いしております。
疲れ(倦怠感)ページ TOPへ