NIHONDO 薬日本堂株式会社

漢方・漢方薬の薬日本堂 > 病気でお悩みの方へ > 更年期障害

更年期障害|体質改善プログラム|漢方・漢方薬の薬日本堂

更年期障害とは

女性の身体は、女性ホルモンの影響によって、一生を通じて大きく変化します。女性のライフステージの中で、閉経を迎える前後10年を「更年期」と呼びます。
「更年期」を迎えると女性の身体は閉経に向かって卵巣のはたらきが低下し、女性ホルモンの分泌も減っていきます。このような時期、ホルモンの変動に身体がついていけずに起こる不調の総称を「更年期障害」といい、漢方では「血の道症」と呼ばれています。

更年期の症状は「不定愁訴」といわれ、ほてり、発汗、のぼせ、動悸、冷え、めまい、イライラ、憂鬱感など、心や身体に様々な不調が現れます。最近では、ストレスでホルモンバランスを崩す30代、40代のプレ更年期障害も増加しています。

■ 更年期に起こる不定愁訴
更年期に起こる不定愁訴

女性のライフステージ 7年ごとに変化を迎える女性の身体

女性のライフステージ

0歳生まれる
7歳小学生
14歳初潮を迎える
21歳身長が伸びきり、歯が生えそろう
28歳身体機能、性機能のピーク
35歳肌や髪が衰えはじめる
42歳白髪が気になりはじめる
49歳閉経が近づいてくる
閉経以降ゆるやかに老化する

更年期の症状は、人によって異なるので、
まずは自分のタイプ(体質)を知り、日常生活や食習慣を見直しましょう。

あなたの更年期障害 タイプ別チェック※当てはまる症状にチェックを入れてください。

上記内容でチェックする

あなたの更年期障害タイプは…温めパワー不足タイプ

身体を温めるパワーが低下するため冷えやすくなるタイプです。ホルモンバランスの変化に対応するパワーも不足しているため、以前と同じことをしても疲れがちに。

オススメの漢方薬
八味地黄丸(ハチミチオウガン)

温めパワーの源「腎」を高めます。
冷えと疲れが目立つ方に。

おすすめの食材
穀類・豆類・芋類、温熱食材

粟、もち米、玄米、大豆、
黒豆、サツマイモ、山芋もしくは
シナモン・くるみなど

※漢方薬は一例です。実際に服用の際は、専門家にご相談ください。

バランスを崩さないように日頃の生活から気をつけましょう
生活養生

過労や睡眠不足は禁物。夜は早く寝てパワーを蓄えましょう。身体を温める食べ物や消化の良い食べ物を意識的にとり、冷やす食べ物は控えましょう。

呼吸

目を閉じて呼吸に意識を向け、呼気と吸気をゆっくり繰り返してみましょう。心も身体もリラックスしてストレス解消に役立ちます。自然界に溢れる気をたっぷり身体に取り込みましょう。

薬湯

薬草風呂は、香りも良く身体の疲れだけではなく心の疲れも癒してくれます。巡りが気になる時は、ヨモギなどの薬草風呂にゆったりと浸かり、心も身体もリフレッシュしましょう。

ツボ・マッサージ

「湧泉(ゆうせん)」は両足の土踏まずのやや上中央のくぼんだ部分にあるツボ。心と身体のエネルギーが湧き出る重要なツボです。両手の親指をあて、少し強く揉んでみましょう。

もう一度チェックする

あなたの更年期障害タイプは…ほてり乾燥タイプ

血が不足して潤いが消耗したため、身体が乾燥して、ほてりやすくなっているタイプです。肌も乾燥し、髪もパサつきがちになります。爪に縦筋が入っていたら要注意。

オススメの漢方薬
六味地黄丸(ロクミジオウガン)

潤いの材料となる「血」を養います。
ほてりと乾きが気になる方に。

おすすめの食材
赤色黒色食材、潤い食材

レーズン、なつめ、クコの実、
ニンジン、黒ごま、黒豆、黒米もしくは
れんこん、白キクラゲ、百合根、ハスの実など

※漢方薬は一例です。実際に服用の際は、専門家にご相談ください。

バランスを崩さないように日頃の生活から気をつけましょう
生活養生

夜は早めに寝て、潤いの材料である血を養いましょう。目や頭の使い過ぎは血を消耗させる原因になります。テレビやパソコンなど画面の見過ぎはほどほどに。

呼吸

目を閉じて呼吸に意識を向け、呼気と吸気をゆっくり繰り返してみましょう。心も身体もリラックスしてストレス解消に役立ちます。自然界に溢れる気をたっぷり身体に取り込みましょう。

薬湯

薬草風呂は、香りも良く身体の疲れだけではなく心の疲れも癒してくれます。巡りが気になる時は、ヨモギなどの薬草風呂にゆったりと浸かり、心も身体もリフレッシュしましょう。

ツボ・マッサージ

「湧泉(ゆうせん)」は両足の土踏まずのやや上中央のくぼんだ部分にあるツボ。心と身体のエネルギーが湧き出る重要なツボです。両手の親指をあて、少し強く揉んでみましょう。

もう一度チェックする

あなたの更年期障害タイプは…ストレスタイプ

ストレスにより身体を動かすエネルギーが滞り、自律神経のバランスが崩れやすくなっているタイプです。巡りが悪いため、老廃物もたまりがちに。

オススメの漢方薬
加味逍遥散(カミショウヨウサン)

滞っている「気」を巡らせます。
ストレスが多くイライラしやすい方に。

おすすめの食材
香味野菜やハーブ、柑橘系の果物

春菊、セロリ、小松菜、香菜もしくは
みかん、柚子、グレープフルーツなど

※漢方薬は一例です。実際に服用の際は、専門家にご相談ください。

バランスを崩さないように日頃の生活から気をつけましょう
生活養生

リフレッシュとリラックスがポイント。アロマやハーブの香りを活用して、エネルギーの滞りを解消しましょう。ツボ押しやマッサージも効果的。

呼吸

目を閉じて呼吸に意識を向け、呼気と吸気をゆっくり繰り返してみましょう。心も身体もリラックスしてストレス解消に役立ちます。自然界に溢れる気をたっぷり身体に取り込みましょう。

薬湯

薬草風呂は、香りも良く身体の疲れだけではなく心の疲れも癒してくれます。巡りが気になる時は、ヨモギなどの薬草風呂にゆったりと浸かり、心も身体もリフレッシュしましょう。

ツボ・マッサージ

「湧泉(ゆうせん)」は両足の土踏まずのやや上中央のくぼんだ部分にあるツボ。心と身体のエネルギーが湧き出る重要なツボです。両手の親指をあて、少し強く揉んでみましょう。

もう一度チェックする

あなたの更年期障害タイプは…ドロドロ血タイプ

血の流れが滞り、淀んだ血が体内に停滞しているタイプです。月経痛がひどく、経血に塊が出やすくなります。ストレスや冷えが引き金になります。

オススメの漢方薬
桂枝茯苓丸(ケイシブクリョウガンリョウ)

淀んだ「血」を取り除きます。
冷えのぼせが気になる方に。

おすすめの食材
辛味野菜、調味料

生姜、ネギ、にんにく、タマネギ、ニラ、
ミョウガ、ラッキョウ もしくは
酢、少量の酒など

※漢方薬は一例です。実際に服用の際は、専門家にご相談ください。

バランスを崩さないように日頃の生活から気をつけましょう
生活養生

半身浴や下半身のストレッチで腰やお腹の血行を良くしましょう。長時間の同じ姿勢は血行を悪くします。定期的に身体を動かしましょう。

呼吸

目を閉じて呼吸に意識を向け、呼気と吸気をゆっくり繰り返してみましょう。心も身体もリラックスしてストレス解消に役立ちます。自然界に溢れる気をたっぷり身体に取り込みましょう。

薬湯

薬草風呂は、香りも良く身体の疲れだけではなく心の疲れも癒してくれます。巡りが気になる時は、ヨモギなどの薬草風呂にゆったりと浸かり、心も身体もリフレッシュしましょう。

ツボ・マッサージ

「湧泉(ゆうせん)」は両足の土踏まずのやや上中央のくぼんだ部分にあるツボ。心と身体のエネルギーが湧き出る重要なツボです。両手の親指をあて、少し強く揉んでみましょう。

もう一度チェックする

※注意:タイプによって漢方薬も異なります。詳しくは薬日本堂の漢方相談員へご相談ください。  漢方無料相談

病気・生活習慣病でお悩みの方へ

病気を治すために、自然治癒力を高めることをお勧めします。
日々の良いことの積み重ねが健康を実現します。
是非一度、薬日本堂グループの最寄店舗にお越し下さい。
薬日本堂で考える改善への道を、原因をとらえて実績に基づいてご提案いたします。

店舗一覧へ
病気でお悩みの方へ、ひとりで悩まずご相談をされてみませんか?薬日本堂の漢方相談は病気、症状や悩みを細かく1時間前後お伺いしております。
更年期障害ページ TOPへ