NIHONDO 薬日本堂株式会社

漢方・漢方薬の薬日本堂 > 病気でお悩みの方へ > 更年期障害

更年期障害|体質改善プログラム|漢方・漢方薬の薬日本堂

更年期障害(こうねんきしょうがい)

概要/症状

更年期とは女性が成熟期から老年期へ移る時期をいいます。つまり閉経前後の時期、45~55歳くらいのあいだのうちの2~3年間くらいをさします。
更年期になると卵巣のはたらきが低下します。すると卵巣機能を回復させようと、脳下垂体から性腺刺激ホルモンが多量に分泌されるようになります。
これがホルモン全体のバランスをくずす結果となり、自律神経も乱れて様々な症状をひきおこす原因になります。
症状は頭痛、腰痛、肩こり、めまい、どうき、冷え、のぼせ、食欲不振、精神不安、イライラ、不眠など、人によって様々です。
症状の程度も個人差が大きく、 仕事や趣味などで生きがいを持つ人ほど、症状が軽い傾向にあるようです。
更年期は誰にでもあるのだということを認識し、あまり神経質にならず、リラックスして乗りきる心構えが大切です。
そのうちホルモンバランスがおちついて自律神経が順応するようになれば、症状は自然に消えていきます。

漢方体質改善プログラム

  • ●ほてりタイプ

    身体をさまし、潤すもとになる陰の要素が不足しているため、のぼせやほてりの症状が出ます。
    また潤いが無いので、舌の乾きや皮膚の乾燥のため痒みの症状が出ることもあります。

    併発しやすい症状

    めまい、耳鳴り、イライラ、動悸、物忘れ、目の乾き、足腰がだるい、不眠、皮膚の乾燥、痒み、舌が乾く、大便の乾燥、小便の量が少ない、記憶力減退、手足のほてり

  • ●冷えタイプ

    身体を温め、活動力のもとになる陽の要素が不足しているため、倦怠感や冷えの症状が出るタイプ。

    併発しやすい症状

    手足や身体が冷える、情緒や性欲が淡白、倦怠感、足腰がだるい、夜間の尿が多い

  • ●混合タイプ

    陰陽ともに不足しているため、陰陽のバランスが不安定で、冷えたりのぼせたりするタイプです。

    併発しやすい症状

    めまい、耳鳴り、イライラ、動悸、物忘れ、目の乾き、足腰がだるい、倦怠感、不眠、皮膚の乾燥、痒み、舌が乾く、大便の乾燥、記憶力減退、手足や身体が冷えたりほてったりする、情緒や性欲が淡白

※注意:タイプによって漢方薬も異なります。詳しくは薬日本堂の専門スタッフへご相談ください。  薬日本堂漢方無料相談

病気・生活習慣病でお悩みの方へ

病気を治すために、自然治癒力を高めることをお勧めします。
日々の良いことの積み重ねが健康を実現します。
是非一度、薬日本堂グループの最寄店舗にお越し下さい。
薬日本堂で考える改善への道を、原因をとらえて実績に基づいてご提案いたします。

その他の症状

病気でお悩みの方へ、ひとりで悩まずご相談をされてみませんか?薬日本堂の漢方相談は病気、症状や悩みを細かく1時間前後お伺いしております。
更年期障害ページ TOPへ