NIHONDO 薬日本堂株式会社

漢方・漢方薬の薬日本堂 > 病気でお悩みの方へ > ニキビ

ニキビ|体質改善プログラム|漢方・漢方薬の薬日本堂

ニキビとは

ニキビは、皮脂が毛穴につまり、アクネ桿菌が影響して炎症が起こっている状態です。
皮脂は、通常皮脂腺から分泌され、毛穴からスムーズに排出されていますが、過剰に皮脂が分泌されたり、毛穴周辺の角質層が厚くなることで、毛穴につまりやすくなります。特に、ホルモンバランスの不安定な思春期には、皮脂が過剰に分泌され、顔や胸、背中などに、ニキビが表れやすくなります。

漢方では、「肌は内臓の鏡」といわれ、身体の内側の状態が、皮膚にあらわれると考えられています。熱や湿など外からの刺激により体内に熱がこもったり、「気」や「血」の巡りが悪くなり老廃物が溜まりやすくなることもニキビの原因となります。肌を健康に保つためには、身体の内側からもしっかりケアしましょう。大人になってからもニキビに悩まされている人は、食事や生活習慣など見直してみましょう。漢方では、赤ニキビ、白ニキビ、黒ニキビ、フェイスラインニキビなどのタイプにわけて考えます。

正常な状態 皮脂線から皮脂がスムーズに分泌されています。ニキビのでき始め 皮脂が過剰に分泌されたり角質が厚くなることで毛穴が塞がれます。面皰ができる 毛穴に角質や皮脂がつまり、面皰ができます。丘疹や膿疱ができる つまった毛包内に細菌が繁殖して炎症を起こし、化膿して膿ができます。

あなたのニキビ タイプ別チェック※当てはまる症状にチェックを入れてください。

上記内容でチェックする

あなたのニキビタイプは…赤ニキビタイプ

食事の不摂生やストレスにより、過剰な熱が体内にこもり、ニキビが赤く化膿しやすくなっている状態です。温めると悪化します。

おすすめの漢方薬
清上防風湯(セイジョウボウフウトウ)

上半身に集まった熱を冷まし、
炎症やかゆみを落ち着かせます。

おすすめの食材
寒涼の性質をもつ食材

大根、苦瓜、きゅうり、緑豆、
ハトムギ、菊花、ミントなど

※漢方薬は一例です。実際に服用の際は、専門家にご相談ください。

バランスを崩さないように日頃の生活から気をつけましょう
生活養生

甘い物、油っぽい物、辛い物は控え、熱を冷ましてくれる食材を積極的に取り入れましょう。朝晩の洗顔はしっかり行い、余分な皮脂や汚れを取り除きましょう。

ハトムギの手作りパック

ハトムギを使った、フェイスパックで肌のお手入れをしてみましょう。

作り方:ハトムギ20gを深めの器に入れる。少しずつ水を加えながら、顔に塗ってもたれない程度のやわらかさに練る。

使い方:目や口の周りを避け、顔全体にパックをつけていきます。5分程待って、ぬるま湯で洗い流す。

*イボ取りの民間薬として知られているハトムギは、生薬では薏苡仁といわれ、胃腸の元薬では薏苡仁といわれ、胃腸の元気を補い、水巡りをよくするはたらきがあります。身体の中の余分な熱を冷まし、排膿効果もあるので、吹き出物やシミなどの肌トラブルにも用いられます。

食養生ポイント
  • スナック菓子や揚げ物、香辛料など油っぽいもの、辛いものは控えましょう。
  • 糖分の多い飲み物やお菓子は控えましょう。
  • 雑穀、根菜類、海藻類を積極的に摂りいれましょう。
  • ハトムギ茶やドクダミ茶などで水分を補いましょう。
  • 旬の食材をバランスよく食べましょう。
ツボ・マッサージ

「合谷」は、親指と人差し指の骨のつけ根にあるくぼみで、「気」や「血」のめぐりをよくするツボ。
反対側の手の親指をツボにあてて指先が食いこむくらいの強さで押してみましょう。1回6秒10回ほど押したら、反対の手も同様に押します。
老廃物が溜まりやすい時はおすすめ。

もう一度チェックする

あなたのニキビタイプは…白ニキビタイプ

無理なダイエットや偏食により、肌に栄養を送る血液が不足して新陳代謝が低下している状態です。目立つニキビではありませんが、慢性化しやすいのが特徴です。

おすすめの漢方薬
十全大補湯(ジュウゼンタイホトウ)

エネルギーとなる「気」と栄養分である
「血」を同時に補います。

おすすめの食材
気血を補う食材

もち米、山いも、ハトムギ、なつめ、クコの実、
ニンジン、赤みの肉、黒豆、黒米など

※漢方薬は一例です。実際に服用の際は、専門家にご相談ください。

バランスを崩さないように日頃の生活から気をつけましょう
生活養生

栄養や睡眠を充分にとって質の良い血を増やし、肌に栄養と潤いを補うことが大切です。ローションやクリーム、美容液など外側からのケアでも潤いを補いましょう。

ハトムギの手作りパック

ハトムギを使った、フェイスパックで肌のお手入れをしてみましょう。

作り方:ハトムギ20gを深めの器に入れる。少しずつ水を加えながら、顔に塗ってもたれない程度のやわらかさに練る。

使い方:目や口の周りを避け、顔全体にパックをつけていきます。5分程待って、ぬるま湯で洗い流す。

*イボ取りの民間薬として知られているハトムギは、生薬では薏苡仁といわれ、胃腸の元薬では薏苡仁といわれ、胃腸の元気を補い、水巡りをよくするはたらきがあります。身体の中の余分な熱を冷まし、排膿効果もあるので、吹き出物やシミなどの肌トラブルにも用いられます。

食養生ポイント
  • スナック菓子や揚げ物、香辛料など油っぽいもの、辛いものは控えましょう。
  • 糖分の多い飲み物やお菓子は控えましょう。
  • 雑穀、根菜類、海藻類を積極的に摂りいれましょう。
  • ハトムギ茶やドクダミ茶などで水分を補いましょう。
  • 旬の食材をバランスよく食べましょう。
ツボ・マッサージ

「合谷」は、親指と人差し指の骨のつけ根にあるくぼみで、「気」や「血」のめぐりをよくするツボ。
反対側の手の親指をツボにあてて指先が食いこむくらいの強さで押してみましょう。1回6秒10回ほど押したら、反対の手も同様に押します。
老廃物が溜まりやすい時はおすすめ。

もう一度チェックする

あなたのニキビタイプは…黒ニキビタイプ

冷えやストレスなどによる血行不良で、淀んだ血液が溜まっているため、ニキビができやすくなっています。生理前に悪化しやすいのが特徴です。

おすすめの漢方薬
桂枝茯苓丸加薏苡仁(ケイシブクリョウガンカヨクイニン)

体内に滞って淀んでいる「血」や
「水」の巡りを良くします。

おすすめの食材
血を巡らせる食材

玉ネギ、長ネギ、ニラ、酢、ウコン、
青魚、黒豆、黒キクラゲ、桃など

※漢方薬は一例です。実際に服用の際は、専門家にご相談ください。

バランスを崩さないように日頃の生活から気をつけましょう
生活養生

冷えは血巡りの大敵。特に淀んだ血が溜まりやすい下半身はしっかり温めましょう。腰や足を中心としたストレッチやウォーキングもおすすめです。

ハトムギの手作りパック

ハトムギを使った、フェイスパックで肌のお手入れをしてみましょう。

作り方:ハトムギ20gを深めの器に入れる。少しずつ水を加えながら、顔に塗ってもたれない程度のやわらかさに練る。

使い方:目や口の周りを避け、顔全体にパックをつけていきます。5分程待って、ぬるま湯で洗い流す。

*イボ取りの民間薬として知られているハトムギは、生薬では薏苡仁といわれ、胃腸の元薬では薏苡仁といわれ、胃腸の元気を補い、水巡りをよくするはたらきがあります。身体の中の余分な熱を冷まし、排膿効果もあるので、吹き出物やシミなどの肌トラブルにも用いられます。

食養生ポイント
  • スナック菓子や揚げ物、香辛料など油っぽいもの、辛いものは控えましょう。
  • 糖分の多い飲み物やお菓子は控えましょう。
  • 雑穀、根菜類、海藻類を積極的に摂りいれましょう。
  • ハトムギ茶やドクダミ茶などで水分を補いましょう。
  • 旬の食材をバランスよく食べましょう。
ツボ・マッサージ

「合谷」は、親指と人差し指の骨のつけ根にあるくぼみで、「気」や「血」のめぐりをよくするツボ。
反対側の手の親指をツボにあてて指先が食いこむくらいの強さで押してみましょう。1回6秒10回ほど押したら、反対の手も同様に押します。
老廃物が溜まりやすい時はおすすめ。

もう一度チェックする

あなたのニキビタイプは…ストレスニキビタイプ

ストレスや不規則な生活により、「気、血」の巡りが悪くなり自律神経のバランスが乱れてニキビができやすくなっています。気分の波がある時にあらわれます。

おすすめの漢方薬
加味逍遥散(カミショウヨウサン)

滞っている「気」「血を巡らせ、
自律神経のバランスを整えます。

おすすめの食材
気を巡らせる食材

春菊、セロリ、小松菜、
三つ葉、香菜、柑橘系の果物など

※漢方薬は一例です。実際に服用の際は、専門家にご相談ください。

バランスを崩さないように日頃の生活から気をつけましょう
生活養生

多忙で不規則な生活はニキビを悪化させます。普段から運動や散歩など、ストレスをためないようこまめに気分転換しましょう。アロマやハーブなどの活用もおすすめ。

ハトムギの手作りパック

ハトムギを使った、フェイスパックで肌のお手入れをしてみましょう。

作り方:ハトムギ20gを深めの器に入れる。少しずつ水を加えながら、顔に塗ってもたれない程度のやわらかさに練る。

使い方:目や口の周りを避け、顔全体にパックをつけていきます。5分程待って、ぬるま湯で洗い流す。

*イボ取りの民間薬として知られているハトムギは、生薬では薏苡仁といわれ、胃腸の元薬では薏苡仁といわれ、胃腸の元気を補い、水巡りをよくするはたらきがあります。身体の中の余分な熱を冷まし、排膿効果もあるので、吹き出物やシミなどの肌トラブルにも用いられます。

食養生ポイント
  • スナック菓子や揚げ物、香辛料など油っぽいもの、辛いものは控えましょう。
  • 糖分の多い飲み物やお菓子は控えましょう。
  • 雑穀、根菜類、海藻類を積極的に摂りいれましょう。
  • ハトムギ茶やドクダミ茶などで水分を補いましょう。
  • 旬の食材をバランスよく食べましょう。
ツボ・マッサージ

「合谷」は、親指と人差し指の骨のつけ根にあるくぼみで、「気」や「血」のめぐりをよくするツボ。
反対側の手の親指をツボにあてて指先が食いこむくらいの強さで押してみましょう。1回6秒10回ほど押したら、反対の手も同様に押します。
老廃物が溜まりやすい時はおすすめ。

もう一度チェックする

※注意:タイプによって漢方薬も異なります。詳しくは薬日本堂の漢方相談員へご相談ください。  漢方無料相談

病気・生活習慣病でお悩みの方へ

病気を治すために、自然治癒力を高めることをお勧めします。
日々の良いことの積み重ねが健康を実現します。
是非一度、薬日本堂グループの最寄店舗にお越し下さい。
薬日本堂で考える改善への道を、原因をとらえて実績に基づいてご提案いたします。

店舗一覧へ
病気でお悩みの方へ、ひとりで悩まずご相談をされてみませんか?薬日本堂の漢方相談は病気、症状や悩みを細かく1時間前後お伺いしております。
ニキビページ TOPへ