NIHONDO 薬日本堂株式会社

漢方・漢方薬の薬日本堂 > 病気でお悩みの方へ > 花粉症・鼻炎

花粉症・鼻炎|体質改善プログラム|漢方・漢方薬の薬日本堂

花粉症・鼻炎とは

呼吸に深い関わりをもつ鼻の炎症が鼻炎です。病態は様々で、急性鼻炎、慢性鼻炎、アレルギー性鼻炎、副鼻腔炎などがあります。近年増加しているのが、アレルギー性鼻炎の一種である花粉症です。いずれも症状としては、鼻水、鼻づまり、くしゃみ、鼻呼吸の困難、目や鼻のかゆみなどが現れます。治療の際は大まかに分類して対策をたてます。まずは急性か慢性なのか、症状がひどくて今すぐ軽減させたい症状期か、症状が一時的に収まっている緩解期なのか。これによって治療の期間や優先順位が変わります。

漢方では、症状期には症状のタイプを大きく2つ、緩解期には体質タイプを大きく2つに分類して対策をたてていきます。ご自身が今、症状期と緩解期どちらにあるのかを見極めたら、症状の質と体質に合わせて対策していきましょう。

急性
鼻風邪に近く、
早期に改善可能
慢性
治りづらく、繰り返すので
長期の対策が必要
症状期
悩みのつらい症状を少しでも
軽減させることが優先される
緩解期
繰り返し症状がおこらないような
体質改善をじっくり行う

あなたの症状期 タイプ別チェック※当てはまる症状にチェックを入れてください。

上記内容でチェックする

あなたの症状期タイプは…寒タイプ

外の寒さや体内の冷えによって、余分な水がたまり、あふれて出てしまった状態。鼻水や痰の色は白~透明で、粘性は薄い傾向があります。冷気にあたると悪化します。

おすすめの漢方薬
小青竜湯(ショウセイリュウトウ)

身体を温めることで、あふれ出る水をおさめます。
くしゃみと水鼻がひどい方に。

おすすめの食材
温熱の性質をもつ食材

生姜、ネギ、にんにく、らっきょう、
ニラ、シソ、シナモンなど

※漢方薬は一例です。実際に服用の際は、専門家にご相談ください。

バランスを崩さないように日頃の生活から気をつけましょう

冷えは禁物です。冷たい飲み物や生野菜、生ものは控えましょう。入浴で身体の芯から温めたり、マスクで冷気を防ぐなどしましょう。

もう一度チェックする

あなたの症状期タイプは…熱タイプ

体内に熱がこもりやすく、全身を潤す水液がドロドロにたまってしまった状態。鼻水や痰の色は黄色で、粘性は濃い傾向があります。暴飲暴食や寝不足、ストレスなどで悪化します。

オススメの漢方薬
辛夷清肺湯(シンイセイハイトウ)

顔面の熱をさまして、余分な水液の塊をといていきます。
鼻づまりがひどく息苦しい方に。

おすすめの食材
寒涼の性質を食材

生もやし、きゅうり、冬瓜、
とまと、なす、大根など

※漢方薬は一例です。実際に服用の際は、専門家にご相談ください。

バランスを崩さないように日頃の生活から気をつけましょう

油っぽいものや辛いものの摂りすぎ、お酒の飲み過ぎは禁物です。消化の良いさっぱりとした味付けの料理を心がけ、水分は適度に摂りましょう。

もう一度チェックする

あなたの緩解期 タイプ別チェック※当てはまる症状にチェックを入れてください。

上記内容でチェックする

あなたの緩解期タイプは…肺虚(はいきょ)タイプ

鼻と通じている肺が弱り、防御機能が低下している状態。普段からかぜをひきやすく、疲れやすい傾向があります。空気が乾燥する秋冬に体調を崩しやすいタイプです。

おすすめの漢方薬
補中益気湯(ホチュウエッキトウ)

身体を温めることで、あふれ出る水をおさめます。
くしゃみと水鼻がひどい方に。

おすすめの食材
肺を養う食材

れんこん、白キクラゲ、百合根、
ハスの実、シソなど

※漢方薬は一例です。実際に服用の際は、専門家にご相談ください。

バランスを崩さないように日頃の生活から気をつけましょう
生活養生

忙しく呼吸が浅くなると不調が出てしまいます。リラックスした状態で深呼吸しましょう。乾布摩擦も有効です。

早寝早起き

規則正しい生活は、免疫力の強化はもちろんのこと、自律神経のバランスを整えて防御力を高めます。「疲れがたまっているなあ」という時こそ思い切り早く寝て、早朝に朝日を浴びて深呼吸しましょう。

香りを活かす

嗅覚はいちばん敏感な感覚で、よい香りは気の巡りを整えます。鼻が詰まっている時こそ、ハッカ油やハーブティー、柑橘類などを生活にとりいれてみましょう。

ツボ・マッサージ

「迎香(げいこう)」は鼻の両脇、小鼻のすぐ横にあるツボ。鼻のさまざまなトラブルに有効です。人差し指か中指をツボにあてて10秒ほど押したら、パッと力を抜いて離しましょう。

もう一度チェックする

あなたの症状期タイプは…脾虚(ひきょ)タイプ

消化吸収を担う脾が弱り、水分代謝が悪くなっている状態。普段からお腹の調子がいまひとつで、むくみやすい傾向があります。湿気の多い梅雨に体調を崩しやすいタイプです。

オススメの漢方薬
六君子湯(リックンシトウ)

胃腸の調子を整えて水巡りをよくします。
食欲がわかず、下痢しやすい方に。

おすすめの食材
脾を養う食材

穀類・豆類・芋類
(粟、もち米、玄米、大豆、サツマイモ、山芋など)

※漢方薬は一例です。実際に服用の際は、専門家にご相談ください。

バランスを崩さないように日頃の生活から気をつけましょう
生活養生

油っぽいものや冷たい飲食は胃腸に負担をかけます。消化の良いものを、しっかり噛んで食べましょう。

早寝早起き

規則正しい生活は、免疫力の強化はもちろんのこと、自律神経のバランスを整えて防御力を高めます。「疲れがたまっているなあ」という時こそ思い切り早く寝て、早朝に朝日を浴びて深呼吸しましょう。

香りを活かす

嗅覚はいちばん敏感な感覚で、よい香りは気の巡りを整えます。鼻が詰まっている時こそ、ハッカ油やハーブティー、柑橘類などを生活にとりいれてみましょう。

ツボ・マッサージ

「迎香(げいこう)」は鼻の両脇、小鼻のすぐ横にあるツボ。鼻のさまざまなトラブルに有効です。人差し指か中指をツボにあてて10秒ほど押したら、パッと力を抜いて離しましょう。

もう一度チェックする

※注意:タイプによって漢方薬も異なります。詳しくは薬日本堂の漢方相談員へご相談ください。  漢方無料相談

病気・生活習慣病でお悩みの方へ

病気を治すために、自然治癒力を高めることをお勧めします。
日々の良いことの積み重ねが健康を実現します。
是非一度、薬日本堂グループの最寄店舗にお越し下さい。
薬日本堂で考える改善への道を、原因をとらえて実績に基づいてご提案いたします。

店舗一覧へ
病気でお悩みの方へ、ひとりで悩まずご相談をされてみませんか?薬日本堂の漢方相談は病気、症状や悩みを細かく1時間前後お伺いしております。
花粉症・鼻炎ページ TOPへ