NIHONDO 薬日本堂株式会社

漢方・漢方薬の薬日本堂 > 不調でお悩みの方へ > 生理不順

症状別漢方体質改善プログラム( 生理不順 )

監修<中医師・薬日本堂漢方スクール講師 原口 徳子>

生理不順とは

生理の周期は、一般的に25~38日とされており、体調の変化などに伴って多少前後することはあっても、この範囲内に生理が来れば問題ありません。ただし、極端に周期が短く、生理が早く来る、あるいは周期が極端に長く、生理が遅く来る状態を「生理不順」と呼びます。
生理の周期が一定しない場合、他の疾病が隠れていることがあり、妊娠・出産にも影響を与えることがあるため、早期に対処することが大切です。
生理不順の原因は、ストレスや過剰なダイエット、環境の変化などによるホルモンバランスの乱れが原因と考えられていますが、漢方では、身体を構成する成分である「気・血・水(津液)」が不足したり、これらの流れが滞ることが原因であると考えます。

漢方では、人の体は「気」「血」「水」の
3つの要素で構成されていると考えます

「気」は身体を温め、代謝の力を生みます。「血」はいわゆる血液で、身体の栄養分です。「水」は「血」以外の液体です。「気」によって「血」と「水」は全身を巡り、栄養を届けます。
「血」が充実して滞りなく巡っていると、健全な生理が起こります。無理なダイエットで「血」を消耗したり、さまざまなストレスで「気」「血」が滞ると生理の周期は乱れます。

漢方で整える

漢方では症状を「身体からの声(SOS)」としてとらえ、根本から原因を考えます。
例えば生理が遅れがちな場合は血が不足していると考え、血を補う漢方薬や養生法を、あるいは生理周期が一定しない場合は気血水が滞っていると考え、巡らせる漢方薬や養生法を用いて身体全体を整えます。

漢方薬はその声や体質に応じて約200種類から選定していきます。
また、生理不順の原因は生活習慣も関係しています。生活習慣を見直すことで、改善への近道になります。
まずは自分の症状タイプを知り、それに合わせた生活習慣を取り入れていきましょう。

漢方で体質改善

からだを整えるには、自分のタイプ(症状)を理解し、改善するための取り組みが大切です。生活習慣や考え方を見直すことによって改善のスピードがより速くなります。


自分と向き合う
心と身体の声を聴き、自分はどんなタイプ(体質、性格、今の体調など)なのか向き合ってみましょう。

見直す
今あらわれている不調の原因は?
生活習慣、食生活などの乱れがあるなと思ったら、その見直しをしていきましょう。

相談する
一人で思い悩んだりせず、専門家に相談しながら漢方薬と自分にあった指導を受けることで、挫折せず長く続けることができます。

生理不順 タイプ別チェック

まずは、ご自身の生理不順のタイプを知り、そのタイプに合ったお勧めの生活方法を取り入れることから始めましょう。
漢方薬は専門家の指導の上での服用をお勧めします。

当てはまる症状にチェックを入れてください。

上記内容でチェックする

あなたのタイプは…元気不足タイプ

このタイプは、胃腸が虚弱で疲れやすく、かぜをひきやすいなど元気が不足しているため、体内に血をとどめておく働きを持つ五臓の「脾」の力が弱いため、生理の周期が短く経血量が多いのが特徴です。

代表的な漢方薬

帰脾湯(きひとう)
気血を補って不安や不眠、疲れがあるものを改善します。

※漢方薬はあくまでも一例です。症状や体質によって漢方薬は
変わりますので、まずは専門家に御相談ください。
※画像はイメージです。

生活養生

  • 考えすぎや悩み過ぎは禁物。身体も心も疲れたら「休んでもOK」と自分に言ってあげましょう。

  • 冷たいものや生ものは避けて、気を補う穀類豆類芋類を中心に、甘い味のする野菜や果物を摂りましょう。

  • 激しい運動は避けてウォーキングや気功、ヨガなどのゆったりした運動を続けましょう。

  • 睡眠時間や休憩時間をたっぷりとり、早寝早起きを心がけましょう。何事も無理は禁物です。

おすすめのツボ
血海(けっかい)
  • 場所

    まっすぐに立ってひざに力を入れた時にひざの内側にできるくぼみの部分。

  • 効果

    血の滞りを取り除き、全身に巡らせるツボ。生理痛や生理不順、冷えや腰痛などによいとされます。

ワンポイントアドバイス

早寝早起き、しっかり食べて、しっかり休む。穀類豆類芋類で、パワーチャージ!

あなたのタイプは…栄養不足タイプ

このタイプは、もともと身体を動かすエネルギーである気や、栄養である血を作り出す力が弱く、体内の血の量が少ないため、生理の周期が長く、経血量が少ないのが特徴です。

代表的な漢方薬

当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)
血を補い水を巡らせて、めまいやむくみ、婦人科トラブルなどを改善します。

※漢方薬はあくまでも一例です。症状や体質によって漢方薬は
変わりますので、まずは専門家に御相談ください。
※画像はイメージです。

生活養生

  • 目や頭の使い過ぎは気血を消耗します。不安があったらパソコンを見るよりも目を閉じて休みましょう。

  • 赤い色や黒い色の食材は血を補うので積極的に摂りましょう。ドライフルーツやナッツ類もおすすめです。

  • 激しい運動は気血を消耗するので避けて、ストレッチやウォーキングなどの軽い運動を続けましょう。

  • 血を消耗するので、寝る直前まで目や脳を使うことは避け、早めに休むようにしましょう。

おすすめのツボ
関元(かんげん)
  • 場所

    おへそから指幅4本分下、もしくは恥骨から指幅2本分上。

  • 効果

    気を補い巡らせるツボです。生理痛、生理不順などの婦人病によいとされています。

ワンポイントアドバイス

目や頭の使い過ぎ、考えすぎ、動き過ぎなどに注意して、赤黒食材で血を養いましょう!

あなたのタイプは…ストレスタイプ

このタイプは、ストレスを受けやすいため、緊張しやすく、イライラしたり気分が落ち込んだりすることが多く、気血の巡りにムラがあるため、生理周期や経血量が一定しないのが特徴です。

代表的な漢方薬

加味逍遙散(かみしょうようさん)
気血を巡らせて、精神不安やいらだち、お腹の張りや婦人科トラブルなどを改善します。

※漢方薬はあくまでも一例です。症状や体質によって漢方薬は
変わりますので、まずは専門家に御相談ください。
※画像はイメージです。

生活養生

  • 心身ともにリラックスするための、ストレスを解消する「お気に入り」を用意しましょう。

  • 柑橘類や香味野菜、ハーブやスパイスなどは気を巡らせるはたらきがあるので積極的に摂りましょう。

  • 気の巡りをよくするために身体を動かし、深呼吸や気功など、心を落ち着かせることもおすすめです。

  • リラックスして、ストレスによるイライラやふさぎ込んだ気分の1日を完了して休みましょう。

おすすめのツボ
太衝(たいしょう)
  • 場所

    足の親指と第二指の間の線上で、甲の小高くなっているところ。

  • 効果

    気を巡らせ、流れを整えるツボです。イライラして情緒が不安定な時によいとされています。

ワンポイントアドバイス

イラっとしたら深呼吸!自分の好きな香りと共に、生活のリズムを整えて気の巡りをスムーズに。

お悩み改善エピソード ー相談員よりー

10代 女性 T様  相談員:E・O

中学生の頃に勉強のストレスや忙しさから食欲がなくなり、いつの間にか体重が10kg以上減り、気が付いたら生理が止まっていたというT様。
忙しさも徐々に慣れ、少しずつ体重も戻ってきたので、生理も自然に戻ってくるだろうと思い、特に何もしなかったようですが、高校生になっても生理が来ないのでご両親も心配し、病院に通ってみられましたが、ホルモン剤を飲むと気持ち悪くなってしまい、通院をやめられました。ご両親が「漢方ではどうだろう」と調べて見つけてくれたのが薬日本堂だったそうです。
漢方薬は体調・体質に合わせてお選びし、続けやすいようにエキス顆粒剤をご利用いただきました。毎日欠かさず頑張って服用してくださったのが、こちらの励みにもなりました。
ただ、半年以上漢方薬を飲み続けても結果が現れず、心配なご様子がみられ、私自身も心苦しかったのを覚えています。やめてしまおうかとご両親とご相談されたこともあったそうです。
服薬を続ける中で肌つやが良くなり、気分の波も落ち着いてくるなどの変化がみられたので、カウンセリングの度に「この漢方薬で合っているので根気よく続けましょう」と応援させていただきました。信じて続けていただいた結果、1年近く経った頃に初めて自然に生理がきた時には、ご本人も大変喜ばれ、私も大変嬉しかったです。これからも漢方を続けていきたいとおっしゃっていただけたので、健康管理の応援をしたいと考えています。

生理不順でお悩みの方へ

漢方相談では、カウンセリングを通してお客様一人ひとりの症状や体質を確認しながら、それに合う漢方薬のご提案や、体質の根本的な改善のための生活アドバイスを行っています。快適に毎日を過ごすために、漢方相談をぜひご活用ください。

監修者メッセージ

飯田 勝恵(Iida Katsue) 中医師・薬日本堂漢方スクール講師
原口 徳子(Haraguchi Noriko)

体質改善プログラムは、漢方の考え方に基づいてあなたの不調から、その特徴や傾向を知るものです。不調が続くようであれば、個別に漢方相談をしてもらうことをおすすめします。多くの不調は間違った身体の使い方や生活習慣からきているので、漢方薬を飲みながら生活指導も受けられます。

経歴

家族の上海駐在中に「人と社会に貢献する新しいことを始めたい」と一念発起し、2005年より、上海中医薬大学医学部で7年間中医学と鍼灸推拿・小児推拿を学ぶ。専攻は中医内科、「中医古典方剤(当帰芍薬散など)の現代臨床応用」をテーマに、2012年中医学の修士号および中医師の資格を取得し、2013年帰国。
2014年、薬日本堂入社。
2015年から薬日本堂漢方スクール講師として、通学コースやワンデイセミナーを担当。上海で学んだ養生の智慧と「もっと身近に中医学」を普及させるために邁進中。

病気でお悩みの方へ、ひとりで悩まずご相談をされてみませんか?薬日本堂の漢方相談は病気、症状や悩みを細かく1時間前後お伺いしております。

生理不順ページ TOPへ