NIHONDO 薬日本堂株式会社

漢方・漢方薬の薬日本堂 > 不調でお悩みの方へ > ダイエット

症状別漢方体質改善プログラム(ダイエット)

監修〈中医師 劉 梅〉

ダイエットの目的

ダイエットをする目的として「体型が気になる」という方はもちろん、「健康のため」という方も多くみられ、
性別年齢を問わず関心を持つことの一つとして挙げられます。
肥満は病気ではありませんが、放置すると確実に病気に近づくので改善することが重要です。
食事の過剰摂取、運動不足の他に、ストレスや、睡眠不足も原因として考えられますが、
現代医学ではホルモンや代謝の異常、また薬の副作用から肥満に至ることもあると考えています。
肥満に伴う症状として、疲れやすい、むくみやすい、身体が重だるいなどがみられ、
そのまま放置すると、高血圧、高脂血症、動脈硬化等が起こることもあります。

漢方では、人の体は「気」「血」「水」の
3つの要素で構成されていると考えます。

「気」は身体を温め、代謝の力を生みます。「血」はいわゆる血液で、身体の栄養分です。「水」は「血」以外の体液です。「気」によって「血」と「水」は全身を巡り、栄養を届けます。
ストレスや過労、睡眠不足によって「気」が不足し、身体の中をめぐっている「血・水」が滞ってしまい代謝が悪くなると、肥満につながると考えられます。

漢方で整える

漢方では症状を「身体からの声(SOS)」としてとらえ、根本から原因を考え、
肥満の特徴や体質に合わせ、痩せやすくリバウンドしにくい身体に改善していきます。
例えば、胃に熱がこもって食欲が過剰な場合は「冷ましてコントロール」
身体が弱って疲れやすく巡りの力がない場合は「滋養強壮」など改善策は様々です。
漢方薬は、その声や体質に応じて約200種類から選定していきます。
それと同時に生活習慣を見直すことで、【摂る→巡る→出す】のバランスを整え、痩せやすい身体へと導きます。
まずは自分の症状タイプを知り、それに合わせた生活習慣を取り入れていきましょう。

漢方で体質改善

まずは、ご自身のタイプを知り、そのタイプに合った生活方法を取り入れることから始めましょう。
漢方薬は専門家の指導の上での服用をお勧めします。


自分と向き合う
心と身体の声を聴き、自分はどんなタイプ(体質、性格、今の体調など)なのか向き合ってみましょう。

見直す
今あらわれている不調の原因は?
生活習慣、食生活などの乱れがあるなと思ったら、その見直しをしていきましょう。

相談する
一人で思い悩んだりせず、専門家に相談しながら漢方薬と自分にあった指導を受けることで、挫折せず長く続けることができます。

ダイエット タイプ別チェック

まずは、ご自身のダイエットのタイプを知り、そのタイプに合ったお勧めの生活方法を取り入れることから始めましょう。
漢方薬は専門家の指導の上での服用をお勧めします。

当てはまる症状にチェックを入れてください。

上記内容でチェックする

あなたのタイプは…熱太りタイプ

このタイプは、暴飲暴食傾向が強く、辛いものやお酒をよく摂り、食欲旺盛で便秘傾向であることが特徴です。また強いストレスが原因になる場合もあります。

代表的な漢方薬

大柴胡湯(ダイサイコトウ)
胃にこもった熱を冷ますはたらきがあります。
食欲過剰による暴飲暴食、便秘傾向の方に。

※漢方薬はあくまでも一例です。症状や体質によって漢方薬は
変わりますので、まずは専門家に御相談ください。
※画像はイメージです。

生活養生

  • 気分転換を行い、リラックスして、クールダウンを心がけましょう。

  • 辛いもの、お酒、揚げ物、油っこいものを控え、野菜を増やしましょう。

  • 激しい運動は控え、散歩などのゆったりとした運動がお勧めです。

  • 睡眠や休憩時間を増やし、何も考えず、ゆっくりと深呼吸して、クールダウンしましょう。

おすすめのツボ
中脘(ちゅうかん)
  • 場所

    おへそとみぞおちの真ん中、おへそから両指幅3本分上がったところ。

  • 効果

    食欲過剰による暴飲暴食を、通常の食欲に戻すようなはたらきがあります。

ワンポイントアドバイス

辛いものやお酒、揚げ物、油っこいものを控え、野菜を増やしましょう。

あなたのタイプは…アップダウンタイプ

このタイプは、精神面、感情面の影響を受けやすく、食欲や情緒に波があります。胸やお腹が張りやすい、痛むなどの症状を伴うことが多いのが特徴です。

代表的な漢方薬

加味逍遥散(カミショウヨウサン)
滞っている気(エネルギー)を巡らせます。
ストレスが多く、ついつい食べてしまう傾向が強い方や、
気分のアップダウン傾向のある方に。

※漢方薬はあくまでも一例です。症状や体質によって漢方薬は
変わりますので、まずは専門家に御相談ください。
※画像はイメージです。

生活養生

  • 気分転換をして、緊張をほぐすように心がけましょう。イライラしないように プラスの考え方や言葉遣いを意識してみましょう。

  • 香味野菜(春菊、セロリ、ニラ、香菜など)やハーブ類、柑橘系の果物を多めに とりましょう。シナモンや胡椒のような香辛料類、お酒は適度にとるとよいでしょう。

  • 身体をよく動かすこと、特に腰まわりを動かすのがおすすめです。

  • 電車内やちょっとした休憩時間を使って、目をつぶり、何も考えず、ゆっくりと深呼吸をしてリラックスしましょう。

おすすめのツボ
三陰交(さんいんこう)
  • 場所

    内くるぶしの上から指幅4本分上がった骨の後ろ側。

  • 効果

    足全体の血行を改善し、血を巡らせて身体を温めます。

ワンポイントアドバイス

リラックスすることが重要、ゆっくりした深呼吸など心を落ち着かせるようにしましょう。

あなたのタイプは…水太りタイプ

このタイプは、たくさん食べていないのに太りやすく、運動が苦手な方が多くみられます。 新陳代謝の力が弱く、体重が増加するとともに体力が弱っていく傾向があります。

代表的な漢方薬

防已黄耆湯(ボウイオウギトウ)
気(エネルギー)を補い、余分な水を取り除きます。
体力がなく、むくみやすい方向きです。

※漢方薬はあくまでも一例です。症状や体質によって漢方薬は
変わりますので、まずは専門家に御相談ください。
※画像はイメージです。

生活養生

  • 気分が落ち込みやすく悩みやすいタイプであることを受け入れましょう。

  • 生野菜や果物、冷たいものを控え目に。主食は必要な量をとり、豆類、なつめ、クコの実や動物性たんぱく質を適量とりましょう。飲食物の量を控え過ぎると、巡りに必要な最低限の体力がなくなってしまいます。

  • 激しい運動を控え、ヨガや太極拳などのゆっくりした運動を行いましょう。

  • 睡眠や休憩時間を増やし、ゆっくり休みましょう。

おすすめのツボ
水分(すいぶん)
  • 場所

    おへそから指幅1本分上。

  • 効果

    全身の水分代謝を高め、余分な水分を排出してくれるため、下半身が太りやすいぽっちゃりタイプのダイエットによいとされています。

ワンポイントアドバイス

太陽の下で、運動をして健康的な汗をかきましょう。

私の改善エピソード

40代 女性 W様
もともと痩せ型ではない私が漢方でダイエットしようと思ったのは、産後、ますます太りやすくなってしまったから。
体重が増えるにつけ、むくみの症状がひどくなり、仕事が終わる頃には靴がはけない位にむくむことも多々ありました。また年齢のせいもあるかもしれませんが、夏冬関係なくのぼせや汗をかくようになりました。
自己流で色んなダイエットにチャレンジし、少し痩せてはリバウンドを繰り返してきたところ、2年前からは何をやっても痩せなくなってしまいました。ほとほと困っていたところに、友人から漢方であれば痩せやすい体質に改善できると聞いて、薬膳レストランでなじみのある薬日本堂さんで漢方をスタートしました。
私は体内に余分な水分をため込みやすい体質とのことで、水巡りを良くする漢方薬を選んでもらいました。粉のお薬よりも効き目が良いと聞いて煎じ薬を毎日頑張って飲んでいます。
まず飲み始めてからお通じに変化が表れ、毎日快調でスッキリ感が違います。お小水の回数も増えたせいか、靴が履けなくなる位までのむくみはもうありません。漢方薬の服用と同時に、冷たい飲み物をやめて温かい飲み物に変え、飲みすぎないように水分摂取量を控えめにしています。始めてまだ数ヶ月ですが、友人から「すっきりしたね、痩せたよね」と言ってもらえてダイエットに手ごたえを感じています。

担当相談員から

筋肉が少なめで水をため込みやすい、いわゆる水太りは女性の方に多い太り方です。
漢方薬を飲み始めてから余分な水分が排出し、むくみが改善していることもあって1.5キロ以上減量したようなスッキリとしたお姿に変わりました。肥満は生活習慣と密に関係しています。水太りタイプの方は、ウォーキングやストレッチなどの簡単な運動習慣を取り入れていけると良いですね。

ダイエットでお悩みの方へ

漢方相談では、カウンセリングを通してお客様一人ひとりの症状や体質を確認しながら、それに合う漢方薬のご提案や、体質の根本的な改善のための生活アドバイスを行っています。快適に毎日を過ごすために、漢方相談をぜひご活用ください。

監修者メッセージ

劉 梅(Ryu Mei) 中医師
劉 梅(Ryu Mei)

体質改善プログラムは、漢方の考え方に基づいてあなたの不調から、その特徴や傾向を知るものです。不調が続くようであれば、個別に漢方相談をしてもらうことをおすすめします。多くの不調は間違った身体の使い方や生活習慣からきているので、漢方薬を飲みながら生活指導も受けられます。

経歴

1988年 黒龍江中医薬学大学卒業。
同年 哈爾浜(ハルビン)医科大学附属第二医院 内科医として勤務
1998年 薬日本堂漢方相談員として入社。
その後薬日本堂漢方スクール専任講師として12年。
現在は、同社漢方相談員の指導・育成に関わっている。
TV・雑誌でも漢方の専門家として活躍。
著書は『中国の女医さんが教えるおいしくて身体にいい中華』 『薬膳 漢方の食材帳』
『病気・症状を改善 これならできる漢方ごはん』がある。

病気でお悩みの方へ、ひとりで悩まずご相談をされてみませんか?薬日本堂の漢方相談は病気、症状や悩みを細かく1時間前後お伺いしております。

ダイエットページ TOPへ