NIHONDO 薬日本堂株式会社

漢方・漢方薬の薬日本堂 > 不調でお悩みの方へ > 冷え・冷え症

症状別漢方体質改善プログラム(冷え・冷え症)

監修〈中医師 劉 梅〉

冷え・冷え症とは

冷え症は、病名ではなく症状名で、男性より女性の方が寒がりで冷えやすい傾向にあります。
冷えが表れる部位は、手足の末端から腹部、腰までと全身に及び、気温とは関係なく冷えを感じる状態を「冷え症」といいます。
冷えの原因は、加齢、生まれつきの虚弱など体質によるものや、生ものや冷たい飲食物の摂り過ぎ、運動不足、冷房による身体の冷やし過ぎ、ストレスなども一因になります。 伴う症状として、むくみ、だるさ、下痢などが多くみられます。また、冷えている状態に慣れてしまいつらく感じない方もいます。冷えをそのまま放置すると内臓機能や免疫力の低下に発展する恐れがあります。

漢方では、人の身体は「気」「血」「水」の
3つの要素で構成されていると考えます

「気」は身体を温め、代謝の力を生みます。「血」はいわゆる血液で、身体の栄養分です。「水」は「血」以外の液体です。「気」によって「血」と「水」は全身を巡り、栄養を届けます。
過労や睡眠不足により、「気」や「血」をたくさん消耗すると身体が冷えます。また、ストレスや寒い環境によって、「気」や「血」の巡りが悪くなると、エネルギーと栄養が届かず、冷えにつながります。

漢方で整える

漢方では症状を「身体からの声(SOS)」としてとらえ、根本から原因を考え、単に身体を温めるのではなく、冷えやそれに伴う症状も一緒に改善していきます。
例えば、食欲低下や下痢を伴う場合は「温めて消化や吸収の機能も整える」、緊張による手足の冷えの場合は「温めて滞りを解消する」など改善策は様々です。漢方薬はその声や体質に応じて約200種類から選定していきます。
また、冷えの原因は生活習慣も関係しています。生活習慣を見直すことで、改善への近道になります。
まずは自分の症状タイプを知り、それに合わせた生活習慣を取り入れていきましょう。

漢方で体質改善

まずは、ご自身のタイプを知り、そのタイプに合った生活方法を取り入れることから始めましょう。
漢方薬は専門家の指導の上での服用をお勧めします。


自分と向き合う
心と身体の声を聴き、自分はどんなタイプ(体質、性格、今の体調など)なのか向き合ってみましょう。

見直す
今あらわれている不調の原因は?
生活習慣、食生活などの乱れがあるなと思ったら、その見直しをしていきましょう。

相談する
一人で思い悩んだりせず、専門家に相談しながら漢方薬と自分にあった指導を受けることで、挫折せず長く続けることができます。

〈タイプを問わず、まずは冷えになる原因を無くしましょう〉

・冷たいものや生ものはなるべく控えめに
・冷房は直接あたらないような工夫を
・太陽の光を浴びるようにする

・首、腰、足首など関節を冷やさないように
・屋外での適度な運動をする
・入浴や足湯を習慣に

冷え症 タイプ別チェック

まずは、ご自身のタイプを知り、そのタイプに合った生活方法を取り入れることから始めましょう。
漢方薬は専門家の指導の上での服用をお勧めします。

当てはまる症状にチェックを入れてください。

上記内容でチェックする

あなたのタイプは…お腹タイプ

このタイプは、消化器系が弱く、虚弱体質、慢性疾患、過労、暴飲暴食など様々な原因により身体を温めるエネルギーが消耗し、消耗した分のエネルギーを補えないため冷えてしまいます。

代表的な漢方薬

人参湯(ニンジントウ)
身体を温めて、元気を補うはたらきがあります。

※漢方薬はあくまでも一例です。症状や体質によって漢方薬は
変わりますので、まずは専門家に御相談ください。
※画像はイメージです。

生活養生

  • 生もの、冷たいものを控えましょう。生姜やウイキョウ(フェンネル)がお腹の冷えに良く、さらに穀類、豆類、山芋、 ニンジン、 鶏肉、羊肉、レバー 、高麗人参、 ナツメなどもお勧めです。

  • 激しい運動は控え、お腹を強くする気功、散歩などのゆったりとした運動がお勧めです。

  • 睡眠や休憩時間を増やしましょう。夜は早めに寝て、気血の消耗を防ぎましょう。

おすすめのツボ
中脘(ちゅうかん)
  • 場所

    おへそとみぞおちの真ん中、おへそから両指幅3本分上がったところ。

  • 効果

    さまざまな消化器の症状に効果がありますが、特に胃の疾患によく効きます。

ワンポイントアドバイス

カイロや腹巻などでお腹を温めたり、お腹をマッサージすると冷え、
胃もたれや食欲不振に良いでしょう。

あなたのタイプは…滞りタイプ

このタイプは、精神面、感情の影響を受けやすく、緊張すると手足がすぐに冷たくなる、しもやけになりやすいなどが特徴です。

代表的な漢方薬

当帰四逆加呉茱萸生姜湯(トウキシギャクカゴシュユショウキョウトウ)
身体を温めて、気血を巡らせ、冷えや痛みなどを改善します。

※漢方薬はあくまでも一例です。症状や体質によって漢方薬は
変わりますので、まずは専門家に御相談ください。
※画像はイメージです。

生活養生

  • 気分転換をして、緊張をほぐすように心がけましょう。プラスの考え方や言葉遣いを意識してみましょう。

  • 香味野菜(春菊、ニラ、香菜など)やハーブ類、みかん、金柑などの柑橘系を摂りましょう。生姜、ネギのような香辛料、お酒は適度に取り入れるとよいでしょう。 

  • 身体をよく動かすことや、ストレッチは気・血の巡りを良くしてくれます。

  • 短い時間でもリラックスを心がけ、深呼吸をして、滞りを解消しましょう。

おすすめのツボ
三陰交(さんいんこう)
  • 場所

    内くるぶしの上、人差し指から小指の指幅4本分上がった骨の後ろ側。

  • 効果

    足全体の血行を改善し、血を巡らせて身体を温めます。

ワンポイントアドバイス

アロマやハーブの香りでリラックスを心がけましょう。

あなたのタイプは…腰タイプ

このタイプは、腎が弱くてむくみやすい、足腰に力が入らないなどの傾向があり、冷えの原因にもなります。

代表的な漢方薬

八味地黄丸(ハチミジオウガン)
足腰および下半身の冷えやだるさがあるものの、むくみや頻尿などを改善します。

※漢方薬はあくまでも一例です。症状や体質によって漢方薬は
変わりますので、まずは専門家に御相談ください。
※画像はイメージです。

生活養生

  • 生野菜や果物、冷たいものを控え、シナモン、杜仲は腰の冷えに良くて、またニラ、羊肉、クルミ、黒豆、黒ごま、黒米、シナモン、などを積極的に摂りましょう。

  • 激しい運動は控えめに、足腰を強くする気功や太極拳などのゆっくりした運動の習慣を身につけましょう。

  • 睡眠や休憩時間を増やし、ゆっくり休みましょう。

おすすめのツボ
腎兪(じんゆ)
  • 場所

    ウエストの高さにある背骨の中心から人指し指と中指2本分外側。

  • 効果

    腎の機能を活性化することで腰痛にも効果があります。

ワンポイントアドバイス

腰から下を温めましょう。腹巻きやレッグウォーマーもお勧めです。

お悩み改善エピソード ー相談員よりー

30代 女性 K様  相談員:C・A

もともと冷えのお悩みがあり秋冬になってさらに冷えが気になってご相談になったK様。
手の指が朝晩冷たくなる・仕事上手洗いが多いのであかぎれやしもやけにもなる・職場の床も冷たいので足も冷えて痛くなるという辛さを抱えていらっしゃいました。
今まで漢方を飲んだことがなく、「漢方ってどんなものかな?」と思いながらも、実際に飲み始めると「意外と飲めるし、続けることはできそう」と感じたとのことです。
K様によると飲み始めて 1ヶ月目はあまり変化を感じなかったが、2ヶ月目には前より少し冷えが楽になったような感じがあり、3ヶ月目、ちょうど寒い時期にしもやけが出なくなって感動したとのことでした。
私からは冷えを改善するためには生活改善も必要とお伝えしたので、なるべくよく寝るようにすることも心がけていただいています。
K様からは、「冬がこんなに楽に過ごせることがなかったので嬉しい」「冷え以外にもよくしたいことがあるので、健康に過ごすためにもこれからも漢方を続けることと生活を整えることを頑張っていきたい」というお言葉を頂きました。
冷えがとてもお辛そうだったので、少しでも元気に冬が過ごせるようになって私も嬉しく思いました。
これからも冷え知らずで過ごしていただきたいので、引き続き健康の応援をしていきたいと思っています。

冷え・冷え症でお悩みの方へ

漢方相談では、カウンセリングを通してお客様一人ひとりの症状や体質を確認しながら、それに合う漢方薬のご提案や、体質の根本的な改善のための生活アドバイスを行っています。 快適に毎日を過ごすために、漢方相談をぜひご活用ください。

監修者メッセージ

劉 梅(Ryu Mei) 中医師
劉 梅(Ryu Mei)

体質改善プログラムは、漢方の考え方に基づいてあなたの不調から、その特徴や傾向を知るものです。不調が続くようであれば、個別に漢方相談をしてもらうことをおすすめします。多くの不調は間違った身体の使い方や生活習慣からきているので、漢方薬を飲みながら生活指導も受けられます。

経歴

1988年 黒龍江中医薬学大学卒業。
同年 哈爾浜(ハルビン)医科大学附属第二医院 内科医として勤務
1998年 薬日本堂漢方相談員として入社。
その後薬日本堂漢方スクール専任講師として12年。
現在は、同社漢方相談員の指導・育成に関わっている。
TV・雑誌でも漢方の専門家として活躍。
著書は『中国の女医さんが教えるおいしくて身体にいい中華』 『薬膳 漢方の食材帳』
『病気・症状を改善 これならできる漢方ごはん』がある。

病気でお悩みの方へ、ひとりで悩まずご相談をされてみませんか?薬日本堂の漢方相談は病気、症状や悩みを細かく1時間前後お伺いしております。

冷え・冷え症ページ TOPへ