NIHONDO 薬日本堂株式会社

漢方・漢方薬の薬日本堂 > 病気でお悩みの方へ > めまい

めまい|体質改善プログラム|漢方・漢方薬の薬日本堂

めまいとは

周囲のものが静止しているにもかかわらず、いろいろな方向にグルグル動いているように見えたり、クラクラして安定した姿勢を維持することが難しい状態をめまいといいます。
めまいの症状は、立ちくらみ程度のものから、身体がふわふわと浮いているように感じるもの、外界がぐるぐると大きく回転するものまで、様々です。その症状から考えられる病気も、メニエール症候群、高血圧、脳血管障害、貧血、自律神経失調症など多岐にわたり、原因が定かでない場合などは不安感が増幅し、ますます悪化していく場合も少なくありません。漢方は慢性的なめまいに効果を発揮します。

めまいを起こす大きな要因は生活リズムの乱れですが、原因は人によって異なるのでまずは自分のタイプ(体質)を知り、日常生活や食習慣を見直すことから始めましょう。

あなたのめまい タイプ別チェック※当てはまる症状にチェックを入れてください。

上記内容でチェックする

あなたのめまいタイプは…ストレスめまい

ストレスが長く続いて、身体のエネルギーが滞り、自律神経が緊張してめまいが表れている状態です。高血圧のめまいに多くみられます。

おすすめの漢方薬
釣藤散(チョウトウサン)

上昇した熱を冷まし、
緊張を鎮めて気の流れを整えます。

おすすめの食材
寒涼の性質をもつ食材

大根、苦瓜、きゅうり
トマト、なすなど

※漢方薬は一例です。実際に服用の際は、専門家にご相談ください。

バランスを崩さないように日頃の生活から気をつけましょう
生活養生

ストレス解消がポイントです。ゆっくりぬるめのお風呂に入ったり、ハーブやアロマの香りを上手に利用するなど自分なりの気分転換法を見つけましょう。

プラプラ運動

両足を肩幅より少し広くとり、膝の力をぬいて上体はまっすぐに、肩の力も抜きます。
両手で身体に巻きつけるような気持ちで左右に手と腰を振ります。上体はまっすぐを保つように気をつけます。身体の緊張とともに心の緊張もほぐれてきます。

抑目静耳

めまいは「気・血・水」の不足や滞りなどでバランスを崩した時に起こります。たまには何もせず見たり聞いたりすることを控えるなど、目と耳を静めて心穏やかに過ごす時間を作りましょう。

ツボ・マッサージ

「大衝(たいしょう)」は足の甲側、人差し指の骨が交わるところにあるくぼみ。親指をあて、少し強めに押してみましょう。「気」「血」の巡りを整えます。冷え症やのぼせにも効果的。

もう一度チェックする

あなたのめまいタイプは…水たまりめまい

食事の不摂生や冷えなどで胃腸の働きが低下して、余分な「水」がたまり、たまった水が揺れ動くことで、めまいが表れている状態です。

おすすめの漢方薬
苓桂朮甘湯(リョウケイジュツカントウ)

体内に滞った水を
巡らせ追い出します。

おすすめの食材
水を巡らせる食材

黒豆、小豆、生姜、
大根、はとむぎなど

胃腸の元気を補う食材

里いも、山いもなど

※漢方薬は一例です。実際に服用の際は、専門家にご相談ください。

バランスを崩さないように日頃の生活から気をつけましょう
生活養生

水巡りの邪魔をする冷えに注意。冷たい物の摂りすぎや不規則な食生活など胃腸の負担になることは避け、適度な運動で水はけを良くしましょう。

プラプラ運動

両足を肩幅より少し広くとり、膝の力をぬいて上体はまっすぐに、肩の力も抜きます。
両手で身体に巻きつけるような気持ちで左右に手と腰を振ります。上体はまっすぐを保つように気をつけます。身体の緊張とともに心の緊張もほぐれてきます。

抑目静耳

めまいは「気・血・水」の不足や滞りなどでバランスを崩した時に起こります。たまには何もせず見たり聞いたりすることを控えるなど、目と耳を静めて心穏やかに過ごす時間を作りましょう。

ツボ・マッサージ

「大衝(たいしょう)」は足の甲側、人差し指の骨が交わるところにあるくぼみ。親指をあて、少し強めに押してみましょう。「気」「血」の巡りを整えます。冷え症やのぼせにも効果的。

もう一度チェックする

あなたのめまいタイプは…血不足めまい

過労や慢性病などで血が不足したため頭部が十分栄養されず、めまいが表れている状態です。立ちくらみを起こしやすいタイプです。

おすすめの漢方薬
十全大補湯(ジュウゼンタイホトウ)

エネルギーとなる「気」と
栄養分である「血」を同時に補います。

おすすめの食材
血を補う食材

なつめ、クコの実、ニンジン、
赤みの肉、黒豆、黒米など

※漢方薬は一例です。実際に服用の際は、専門家にご相談ください。

バランスを崩さないように日頃の生活から気をつけましょう
生活養生

朝食抜きや夜更かしなどは血不足の原因に。夜は早めに寝て血を養いましょう。パソコンやテレビ画面の見過ぎも血を消耗するので控えめに。

プラプラ運動

両足を肩幅より少し広くとり、膝の力をぬいて上体はまっすぐに、肩の力も抜きます。
両手で身体に巻きつけるような気持ちで左右に手と腰を振ります。上体はまっすぐを保つように気をつけます。身体の緊張とともに心の緊張もほぐれてきます。

抑目静耳

めまいは「気・血・水」の不足や滞りなどでバランスを崩した時に起こります。たまには何もせず見たり聞いたりすることを控えるなど、目と耳を静めて心穏やかに過ごす時間を作りましょう。

ツボ・マッサージ

「大衝(たいしょう)」は足の甲側、人差し指の骨が交わるところにあるくぼみ。親指をあて、少し強めに押してみましょう。「気」「血」の巡りを整えます。冷え症やのぼせにも効果的。

もう一度チェックする

あなたのめまいタイプは…疲労めまい

加齢や生活の不摂生などで、生命力そのものが不足したため、脳の代謝や栄養、循環などが衰えて、めまいが表れている状態です。

おすすめの漢方薬
六味地黄丸(ハチミジオウガン)

生命力を蓄えている「腎」を養い、
衰えている生命力を高めます。

腎を補う食材
寒涼の性質をもつ食材

黒豆、黒ごま、カキ、赤貝、
ムール貝、スッポンなど

※漢方薬は一例です。実際に服用の際は、専門家にご相談ください。

バランスを崩さないように日頃の生活から気をつけましょう
生活養生

まずは、心身を休めることが先決。なるべく早寝の習慣をつけ、パワーを蓄えましょう。温かく消化の良い食べ物をよく噛んで元気をとりいれましょう。

プラプラ運動

両足を肩幅より少し広くとり、膝の力をぬいて上体はまっすぐに、肩の力も抜きます。
両手で身体に巻きつけるような気持ちで左右に手と腰を振ります。上体はまっすぐを保つように気をつけます。身体の緊張とともに心の緊張もほぐれてきます。

抑目静耳

めまいは「気・血・水」の不足や滞りなどでバランスを崩した時に起こります。たまには何もせず見たり聞いたりすることを控えるなど、目と耳を静めて心穏やかに過ごす時間を作りましょう。

ツボ・マッサージ

「大衝(たいしょう)」は足の甲側、人差し指の骨が交わるところにあるくぼみ。親指をあて、少し強めに押してみましょう。「気」「血」の巡りを整えます。冷え症やのぼせにも効果的。

もう一度チェックする

※注意:タイプによって漢方薬も異なります。詳しくは薬日本堂の漢方相談員へご相談ください。  漢方無料相談

病気・生活習慣病でお悩みの方へ

病気を治すために、自然治癒力を高めることをお勧めします。
日々の良いことの積み重ねが健康を実現します。
是非一度、薬日本堂グループの最寄店舗にお越し下さい。
薬日本堂で考える改善への道を、原因をとらえて実績に基づいてご提案いたします。

店舗一覧へ
病気でお悩みの方へ、ひとりで悩まずご相談をされてみませんか?薬日本堂の漢方相談は病気、症状や悩みを細かく1時間前後お伺いしております。
めまいページ TOPへ