NIHONDO 薬日本堂株式会社

漢方・漢方薬の薬日本堂 > 病気でお悩みの方へ > 耳鳴り

耳鳴り|体質改善プログラム|漢方・漢方薬の薬日本堂

耳鳴りとは

耳鳴りとは、外界に音がないのに耳内に音が聴こえるもので、キーンという金属音のような高い音からブーンという低音、セミが鳴くような音まで、様々な音が出ることがあります。
耳鳴りは、外因性と内因性の大きく2つに分かれ、筋肉の収縮やけいれんによって生じる筋肉性耳鳴りと、血管の拍動によって生じる血管性耳鳴りが外因性にあたります。内因性では、難聴を伴う伝音性耳鳴りと感音性耳鳴り、難聴を伴わない心因性のものなどがあります。現代医学では原因の特定がしにくく治療が難しい病気とされています。

漢方では人によって対処が異なります。まずは自分のタイプ(体質や状態)を知り、日常生活や食習慣を見直すことから始めましょう。

伝音性 音を伝える外耳から内耳までの
異常によって生じるもの
感音性 脳や聴神経など、音を感じる
機能の異常によって生じるもの

あなたの耳鳴り タイプ別チェック※当てはまる症状にチェックを入れてください。

上記内容でチェックする

あなたの耳鳴りタイプは…ストレスタイプ

ストレスにより自律神経のバランスが乱れている状態。のぼせや高血圧、不眠、目の充血、便秘などの症状が併発しやすいです。

おすすめの漢方薬
竜胆瀉肝湯(リュウタンシャカントウ)

上昇した熱を冷まし、緊張を鎮めて、
自律神経のバランスを整えます。

おすすめの食材
寒涼の性質をもつ食材

大根、苦瓜、きゅうりトマト、なす など

気を巡らせる食材

セロリ、三つ葉、パセリ

※漢方薬は一例です。実際に服用の際は、専門家にご相談ください。

バランスを崩さないように日頃の生活から気をつけましょう
生活養生

ストレス解消がポイントです。ゆっくりぬるめのお風呂に入ったり、ハーブやアロマの香りを上手に利用するなど自分なりの気分転換法を見つけましょう。

耳マッサージ

両耳を左右それぞれの手の人差し指と中指の間にはさみ、上下に30~50回くらいこすります。耳の周りの血流を良くします。耳をつまむ、ひねる、ひっぱるのも良いでしょう。

抑目静耳

めまいは「気・血・水」に不足や滞りなどでバランスを崩した時に起こります。たまには何もせず見たり聞いたりすることを控えるなど、目と耳を静めて心穏やかに過ごす時間を作りましょう。

ツボ・マッサージ

「耳門」は、左右の耳の穴の手前にある耳株の前方ななめ上にあるくぼみ。人差し指をツボにあてて押し、もむ。(ツボを1回1秒×20回)耳の門戸として経穴の局部作用を利用して、耳の不調に良いとされます。

もう一度チェックする

あなたの耳鳴りタイプは…加齢タイプ

加齢や疲労により、からだの機能が低下してきている状態。耳鳴りや難聴、物忘れ、眠りが浅い、尿トラブルなどの症状を併発しやすいです。

オススメの漢方薬
六味地黄丸(ロクミジオウガン)

生命力を蓄えている「腎」を養い、
衰えている生命力を高めます。

食養生
腎を補う食材

クコの実、黒豆、黒ごま、
牡蛎、山芋、スッポンなど

※漢方薬は一例です。実際に服用の際は、専門家にご相談ください。

バランスを崩さないように日頃の生活から気をつけましょう
生活養生

心身無理のない生活を送ることが大切です。夜更かしは禁物。寝る前の目の酷使も控えましょう。腹巻きやレッグウォーマーなどで、足腰は冷やさないようにしましょう。

耳マッサージ

両耳を左右それぞれの手の人差し指と中指の間にはさみ、上下に30~50回くらいこすります。耳の周りの血流を良くします。耳をつまむ、ひねる、ひっぱるのも良いでしょう。

抑目静耳

めまいは「気・血・水」に不足や滞りなどでバランスを崩した時に起こります。たまには何もせず見たり聞いたりすることを控えるなど、目と耳を静めて心穏やかに過ごす時間を作りましょう。

ツボ・マッサージ

「耳門」は、左右の耳の穴の手前にある耳株の前方ななめ上にあるくぼみ。人差し指をツボにあてて押し、もむ。(ツボを1回1秒×20回)耳の門戸として経穴の局部作用を利用して、耳の不調に良いとされます。

もう一度チェックする

あなたの耳鳴りタイプは…水たまりタイプ

胃腸の不調が原因で、水の巡りが悪くなり停滞している状態。頭痛、めまい、下痢、むくみ、ふらつきなどの症状が併発しやすいです。

オススメの漢方薬
苓桂朮甘湯(リョウケイジュツカントウ)

「脾」の働きを整えて、
滞った水を巡らせます。

食養生
水を巡らせる食材

ハトムギ、冬瓜、黒豆、小豆、とうもろこし など

胃腸の元気を補う食材

里いも、山いも など

※漢方薬は一例です。実際に服用の際は、専門家にご相談ください。

バランスを崩さないように日頃の生活から気をつけましょう
生活養生

水巡りの邪魔をする冷えに注意。冷たい物の摂りすぎや不規則な食生活など胃腸の負担になることは避け、適度な運動で水はけを良くしましょう。

耳マッサージ

両耳を左右それぞれの手の人差し指と中指の間にはさみ、上下に30~50回くらいこすります。耳の周りの血流を良くします。耳をつまむ、ひねる、ひっぱるのも良いでしょう。

抑目静耳

めまいは「気・血・水」に不足や滞りなどでバランスを崩した時に起こります。たまには何もせず見たり聞いたりすることを控えるなど、目と耳を静めて心穏やかに過ごす時間を作りましょう。

ツボ・マッサージ

「耳門」は、左右の耳の穴の手前にある耳株の前方ななめ上にあるくぼみ。人差し指をツボにあてて押し、もむ。(ツボを1回1秒×20回)耳の門戸として経穴の局部作用を利用して、耳の不調に良いとされます。

もう一度チェックする

あなたの耳鳴りタイプは…急性タイプ

カゼをひいて体内に熱がこもってしまい、炎症を起こしている状態です。耳痛、咽喉痛、頭痛などの症状が併発しやすいです。

オススメの漢方薬
荊芥連翹湯(ケイガイレンギョウトウ)

「風熱邪」を取り除き、
炎症を落ち着かせます。

食養生
風熱を取る食材

菊花、薄荷、ごぼう、セロリなど

※漢方薬は一例です。実際に服用の際は、専門家にご相談ください。

バランスを崩さないように日頃の生活から気をつけましょう
生活養生

カゼや中耳炎などの急性疾患がきっかけとなっているため、まずは体調を回復させることが第一。症状を繰り返さないように体質改善に取り組むことも大切です。

耳マッサージ

両耳を左右それぞれの手の人差し指と中指の間にはさみ、上下に30~50回くらいこすります。耳の周りの血流を良くします。耳をつまむ、ひねる、ひっぱるのも良いでしょう。

抑目静耳

めまいは「気・血・水」に不足や滞りなどでバランスを崩した時に起こります。たまには何もせず見たり聞いたりすることを控えるなど、目と耳を静めて心穏やかに過ごす時間を作りましょう。

ツボ・マッサージ

「耳門」は、左右の耳の穴の手前にある耳株の前方ななめ上にあるくぼみ。人差し指をツボにあてて押し、もむ。(ツボを1回1秒×20回)耳の門戸として経穴の局部作用を利用して、耳の不調に良いとされます。

もう一度チェックする

※注意:タイプによって漢方薬も異なります。詳しくは薬日本堂の漢方相談員へご相談ください。  漢方無料相談

病気・生活習慣病でお悩みの方へ

病気を治すために、自然治癒力を高めることをお勧めします。
日々の良いことの積み重ねが健康を実現します。
是非一度、薬日本堂グループの最寄店舗にお越し下さい。
薬日本堂で考える改善への道を、原因をとらえて実績に基づいてご提案いたします。

店舗一覧へ
病気でお悩みの方へ、ひとりで悩まずご相談をされてみませんか?薬日本堂の漢方相談は病気、症状や悩みを細かく1時間前後お伺いしております。
耳鳴りページ TOPへ