お知らせ

NIHONDO 薬日本堂株式会社

漢方・漢方薬の薬日本堂採用情報> 先輩社員の声(金子 雅弘)

先輩社員の声(金子 雅弘)|採用情報|漢方・漢方薬の薬日本堂

金子 雅弘 (2018年4月 入社)

入社のきっかけは?

私が薬学部に入った理由は、薬剤師になりたいからではなく単に化学が好きだからというものでした。ですから、将来は漠然と調剤薬局やドラッグストアで働くのかなと思っていました。しかし大学5年生の後半、将来を真剣に考える時期になり、ただ薬を安全に提供するだけが薬剤師なのかなと疑問に思うようになりました。

そんな中薬日本堂のことを知り、会社説明会に参加しました。そこで薬日本堂の考える本来の薬局のあり方に共感し、入社を決めました。また、事業内容として、漢方相談以外にもスクール事業や商品開発など事業を幅広く展開している点も魅力に感じました。

仕事における「やりがい」は?

お客様が元気になっていく様子を見られることです。特に自分が担当させていただいたお客様が健康を回復されて、『いままでずっとしたかったことができるようになったよ、ありがとうね』と言われたときはとても嬉しかったです。

相談員としてお客様に深く関わらせていただく以上、幅広い知識をつける努力が必要です。しかし、その自分の努力がお客様からの「ありがとう」につながります。そのような体験ができるのは、お客様に深く関わらせていただける薬日本堂の相談があってこそだと思います。

会社・職場の雰囲気は?

人とのご縁を大切にしている会社だと感じます。お客様に対しては当然ですが、従業員に対しても同じで気にかけてくれる方が多いように感じます。お客様のことや業務のことで心配ごとがあると、お店のメンバーはすぐに相談に乗ってくれます。それは店舗内のメンバーだけでなく、本社の方々も同じでとても居心地がいいです。

また、負けず嫌いな方が多いように感じます。助け合いの精神を持ちながらも時にはよきライバルとして、それぞれの目標に向かって突き進んでいるように感じます。

仕事において大切にしていること

「お客様を知ること」を大切にしています。それはお客様ひとりひとり、不調や体質は異なるからです。漢方相談では、症状、体質、体格、表情、顔色、性格、気持ち、呼吸、声のトーン、生活環境、食生活などお客様を知ることにより初めて、その方へ漢方や養生の提案ができます。

お客様を知らないことには漢方も養生も提案できません。ですから、お客様が話しやすい雰囲気づくりとお悩みを丁寧に聞くこと、薬日本堂に行くとなんだか元気が出ると思っていただけるように心がけています。

先輩社員の声(金子 雅弘)ページ TOPへ